直線上に配置

JA福光女性部では下記の4つの〈活動の柱〉を中心に活動しています

〈活動の柱〉

ア) いのちが優先する社会づくり
   
   わたしたちは農業を、自然、環境、生命を育み守る活動として取り組みます   

(1) 食と農
   

(2) 環境

農産物を生産する基盤としての農地や、美しい景観、自然の生態などを守る運動、リサイクルによる資源の活用やごみの減量をはかる取り組みなど、循環型のライフスタイルを追求します.

イ) 自立した生き方の追求
農産物を生産する立場及び消費者として両面から、食の安全確保に取り組みます。
また 直売・加工などを通じた地域内自給の取り組みのほか、「農の教育力」を生かした人づくりにも貢献する活動を実践します。

男女共同参画がすすむ中、多様な価値観や生き方が選択できるよう、地域社会一般で意志反映する場を積極的に求めていきます。

(1) ライフプラン

夢と目標を持ち 生きがいのある設計樹立を目指します。


(2) 共同参画

JA運営への参画をすすめるための 正・准組合員加入、壮大や理事・監事・参与等への就任を促進するほか、地域における意思決定への参画などをすすめます。

ウ)共生で豊かさを分かち合う活動

各種文化活動等 サークルの仲間作り。地域活動への発展など、互いが豊かになるための学習・交流・連携を進めます。


(1) 

高齢者福祉の充実と共に、障害者や子どもも視野に入れた、助け合いをテーマに活動を進めていきます。


(2) 学習・交流・連携

各種学習会や文化活動を充実させ、次世代や消費者との交流を図ります。

エ)組織の活性化

組織内の現状や部員の意向を把握し、魅力ある活動を行います。。


(1) 目的別活動の充実

部員の多様性を尊重した活動で、より参加しやすい組織となるために、目的別組織の活性化を図ります。


(1) 円滑な活動継承

組織内の役割を分かち合い、次代への活動継承をスムーズに行うための
仕組みを作り、より参加・実践しやすい組織を目指します。

助け合い
このページ先頭へ
JAバンク JA共済 JAネットバンク 法人JAネットバンク
COPYRIGHT 2013 JA FUKUMITSU. ALL RIGHTS RESERVED.